8年目

1月


契約更改
 ・総額 5億7,600万円
 ・更改せず 奥田 哲三、ウシア
スタッフ交代
 ・七瀬 学人(再契約)監督他 総額2億6,000万円

年間計画
 ・年間広告費 3億2,000万円
 ・チケット代 4,000円
 ・年間シート 5,500席

キャプテン指名
 ・大森 栄幸

 キャンプor海外遠征
 ・アフリカ遠征(ヨハネスバーグ他)

 優先新人&新人
 ・鬼島 鉄平
 ・植原 匡治
 ・不二田 庸輔
 ・与那嶺 ジョー


 CDF適性のある選手がほとんどいないクラブの中で唯一CDF黄色だったウシアを放出です。年俸が高騰しているうえにフィジカルとスタミナが低下してきていたので心を鬼にしての決断です。そしたら秘書の契約更改の見積もりが10億円越えから5億円台まで下がったではありませんか!どんだけ持っていくつもりだったんだろウシアさん。
 そのかわり新人ではAクラス選手4人を獲得!数年後にはウシアの穴を埋めてくれるはず!
 新スポンサーである光明ドリンクさんのおかげで留学先エヌグが追加されました。
今年度の戦力はこんな感じです。
MF08_00.png
 なんとフィジカルが4つ目のライン手前まで後退してしまいました。ウシア放出による影響ですね。これから育成をしっかりしていきましょう。

 新人の上原と2年目の桜井をカリ(1年)に留学。入れ替わりで竹中、金子、立石が留学から戻りました。竹中、金子はスタメンに抜擢です。
 でついにヨハネスバーグの友好度が上がり、留学先に追加されました。
MF08_01.png
 その結果…
ダカールにも留学できるようになりました!
MF08_02.png
 これ以上の通知がなかったのでダカールがキャンプ地に追加されているか不安ですね(笑)※

3月
 今年はアジアグレートクラブカップではなくてアジアチャレンジカップ(ACC)に招待されました。ただしこちらはチケット代を上乗せするとお客さんが来なくなるので国内戦と同じ料金で行きましょう。名前が似ていて紛らわしいんですよね。

4月
 ユースの水登周作の能力が爆発!ですが低ランク選手なので使う予定なし。
 4月終わりの第9節が終わった時点で7勝2分けの首位です。2位との勝点差は2しかありませんが、残り6節、優勝の可能性が高まってきました!

5月
 地域振興企画「ファミリーJOYデー」実施。
 アジアチャレンジカップは決勝まで駒を進めました。決勝の相手は準決勝でライバルのオイリス安中を撃破した浦項FCです。
 が難なく撃破し初挑戦で初優勝です!AGCよりも難易度は低い大会なので順当といったところでしょうか?
 
6月
 第13節を2位のガンバ大阪に勝ち点3差をつけて首位をキープ。第14節の相手はライバルチームのオイリス安中です!果たして結果は・・・!?

 見事オイリス安中を下し、また他会場では2位ガンバが敗れ、J1ファ―ストステージ初優勝です!また同時にオイリス戦10勝目を挙げました!
  J1ファーストステージ成績
・優勝 12勝 2分 1敗
 ACCとJ1ファーストの優勝賞金でスタジアムを新設できるだけの資金がたまりました。が、ファーストステージ優勝したということは来年のACCかAGC(アジアグレードクラブカップ)に出られますので少し先延ばしましょう。※※
また、そろそろスタジアムの建て替えがあるだろうことを見越し、サブスポンサーに初島プラント建設と契約してあります(し、来年もまだ契約期間が残ってます)。初島プラントがスポンサーについている間はスタジアムやクラブハウスの建設費用が割引になるので、これもクラブ経営的にお得なのです。

7月
 キャンプor海外遠征
・ダカール(オフェンス、ディフェンス)
じゃじゃーん!ちゃんとダカールキャンプが追加されてたので今年はダカールでキャンプしましょう!キャンプ地の追加はメールが来ないのでほんとに追加されているのか半信半疑になりますよね(^^;
MF08_04.png
 ファーストステージ優勝を果たししばらくはJ1で苦戦することもなさそうなので、キエフを留学先に追加するため(ブダペスト、プラハなども友好度上昇で追加できるおススメ留学先)東欧遠征も考えていたのですが、東欧遠征のリストにキエフが無かったので来年以降にしましょう。
 今年は岡本・竹中が代表に選出されました!ただ、久しぶりのキャンプだったので主力にはキャンプに参加して能力を伸ばしてほしかったなぁ。

8月
 地域振興企画「来場者プレゼント」を実施。

9月
 フットサル場寄贈の企画が上がってきました…が、来年こそはスタジアムの建設を行いたいので、フットサル場を渋川市へ寄贈するのはスタジアム改築後、来年以降まで先延ばしましょう。

10月
 Jリーグカップは順調に勝ち進み、ついに初めて決勝戦まで進出しました!対するは名古屋。


 ということでついにJリーグカップも初優勝を決めました!これでニューイヤーカップと併せ、Jリーグ3大タイトルのうち2つを獲得しました。残りはJ1総合優勝のみです。残念なことにセカンドステージはあまり調子が上がらず完全優勝は難しそうです。12月のJリーグチャンピオンシップでセカンドステージ王者と雌雄を決する必要がありそうですね。

11月
 初参戦のワールドチャレンジカップは1勝2敗で予選敗退でした。世界の壁は厚い!


 J1セカンドステージ成績
・J1 2nd 9位 6勝 9敗
 個人ランキング
・得点ランキング
2位 森崎 聡 16
3位 曽我 康治 14
8位 世古 左京 11
・アシストランキング
1位 世古 左京 20
5位 曽我 康治 7

・評価点ランキング
1位 曽我 康治 6.37
4位 世古 左京 6.33


 ファーストステージの優勝の勢いは続かずセカンドステージは負け越しの9位でした(泣)。来年からキエフ等留学先開拓のため東欧遠征かと思っておりましたが、やはり少しクラブの地力を高めるためキャンプでトレーニングをしないと。
 個人成績ではサイシンワからスタメンを奪った曽我が各ランキングに名を連ね、評価点ランキングでは見事1位に輝いております。
選手全体ではこんな感じです。
MF08_08.png
 
12月
 地域振興企画「チャリティーオークション」を実施。
 今年はファーストステージを優勝しましたのでJリーグチャンピオンシップへの出場権を得ました。対するはセカンドステージを制した名古屋です。
 ホームで迎えた第1戦は乱打戦の末、3-4で落としてしまいました…
 アウェイでの第2戦は気合を入れてもらうために5,000万円の勝利プレミアムを投入して逆転優勝を狙います。試合は2点のビハインド弾き返し、後半を終えた時点で3-2となり延長戦に突入!が延長戦で決着がつかずPK合戦にもつれ込みます。が、3番手の菊端が外してしまい、PK戦を3-5で落とし総合優勝は逃してしまいました。来年こそは!
 ニューイヤーカップは決勝戦進出を果たすも磐田に1-2で敗れ惜しくも準優勝に終わりました。これで来年はAGCではなくACC出場となります。

・アジアベストイレブン
曽我 康治



(※)キャンプ地の追加にはお知らせメールが来ない仕様なのです。
(※※)①AGCまたはACCに参加すると3月から4月にかけてホームでの試合が増加。②スタジアム建設中は80,000人規模のスタジアムが仮ホームスタジアムになるため一時的に観客が増加。③特にAGCは通常の入場料より高く設定してもチケットが売れる。
①~②(AGCの場合は③も)の効果によって、この時期にスタジアムを建設(改築)すると収入が増加する。



ブロトピ:今日のゲーム情報ブロトピ:ブログ更新しました♪にほんブログ村テーマ サッカーゲームへサッカーゲームにほんブログ村テーマ サカつくへサカつく

この記事へのコメント