7年目

1月


契約更改
・総額 7億5,800万円
・更改せず コボロスキー
スタッフ交代
・七瀬 学人監督他 総額2億6,000万円

年間計画
・年間広告費 3億1,000万円
・チケット代 4,000円
・年間シート 3,500席

キャプテン指名
・ウシア

 キャンプor海外遠征
・アフリカ遠征(ヨハネスバーグ他)

 優先新人&新人
・DMF 竹中 純
・DMF 桜井 辰史
・SMF 金子 伸俊
・OMF 人見 俊哉


 なんとスポンサーに日の浦石油が出現!これは早くヨハネスバーグを留学先に追加させてダカールキャンプ(※)を成立させねばなりません!
 また新戦力の4人のうち竹中、金子、人見はAランク選手です。すでにクラブの中心となっている世古と合わせればずいぶんAランク選手が充実してきました。
 実は昨年からMF得意&新人得意な有料スカウトである石村耕輔スカウト(契約金4,500万円也)を採用しました。6年目の新人探索からSランク選手の出現率が上がることが知られているため、頑張って予算を捻出してとりあえず一人だけ有料スカウトを雇っていたのです。
 結果Sランクは見つかりませんでしたが、全体としてかなり良い補強ができました!

 今年度の戦力はこんな感じです。
MF07_00.png


 金子伸俊、竹中純をカリ(1年)に留学に出しました。金子は本来攻撃的な選手ですが、サイドバックを守れるSMFが手薄なので、ポジション適正を広く持つ金子にサイドバックを兼務できるようになってもらうためです。

2月
 今年は昨年のニューイヤーカップ優勝があったのでアジアグレートクラブカップ(長いので以下AGC)への参加資格を得ました。AGCは通常の入場料よりも2,000円ほど上乗せしてもお客が来るのでとてもありがたいイベントなのです。…まあここは控えめに5,500円くらいにしておきましょ。
 初出場のジャパンスーパーカップは鹿島相手に2-2(PK×3-5)で負けてしまいました。賞金も少ないエキシビジョンマッチ的なものなのでまあいいか。

3月
 曽我、西野、岡本が留学を終え帰国。が帰国した3人ともスタメン奪取には至らず。入れ替わりに建石を留学(カリ1年)に出します。

4月
 地域振興企画の「メンテナンスボランティアの募集」を実施。

5月
 地域振興企画の「ファミリーJOYデー」実施。
 初参戦のAGCでは順調に勝ち進み決勝進出。対戦相手は同じ日本からエントリーしている鹿島です。


 ということでAGC初挑戦ながら優勝することができました!賞金の8億円もうれしいですね!J1で優勝したことがない(昨年末のニューイヤーカップ優勝でAGCの出場権を獲得。まだリーグ戦は勝ってない。)のでこれがこれまでクラブが獲得した賞金で最も大きい金額の賞金です。
 
6月
 ユースのSMF大畑浩志の能力が爆発!まぁランクD選手なのであまり関係なさそうですが…

7月
  J1ファーストステージ成績
・6位 7勝 2分 6敗
 アジアでは頂点を取りましたが、国内リーグ戦はなかなか結果が出ません。最近キャンプに行けてないので、あまり選手が育成できていないのが原因のような気もします。早くダカールキャンプを追加してキャンプに行かなければ!

9月
 Jリーグカップは3回戦敗退でした。


10月
 アジアグレートクラブカップを制し、今年はヴィクトリーズカップ(VC)への出場権を得ました!まだまだ通用するとは思えませんので胸を借りてくるつもりで参加しましょう。
MF07_01.png
 サポーターの皆さんもそういっております。

11月
 ということでVC予選は1勝2敗で敗退です。むしろ1勝できたことを今後の良き材料とすべきですかねぇ。
 曽我の能力が爆発しました。留学による能力の伸びと併せてかなりの成長を遂げております。
MF07_03.png


 J1セカンドステージ成績
・4位 8勝 2分 5敗
 個人ランキング
・得点ランキング
1位 森崎 聡 17
2位 サイシンワ 15
・アシストランキング
1位 森崎 聡 13
2位 サイシンワ 12
3位 世古 左京 9
・評価点ランキング
2位 森崎 聡 6.30
5位 サイシンワ 6.21


 ファーストステージより成績を伸ばし過去最高の4位となりました。そろそろJリーグ優勝が狙える位置に来たのではないでしょうか?
 個人成績では相変わらずの3人が活躍しております。特に森崎はあわや全部門で1位となりそうな勢いでした。評価点はもっとチームの勝ちが増えないといけませんね。
選手全体ではこんな感じです。
MF07_06.png

12月
 ニューイヤーカップは2回戦敗退でした。


・アジアベストイレブン
OMF 森崎 聡
OMF サイシンワ




(※)留学先やキャンプ地の追加には①その地域にあるクラブと試合するなどして友好度を上げる(ヨハネスバーグはこのパターン)、②留学先地域にゆかりの深い選手監督と契約する、③その地域とコネクションを持っているスポンサーと契約する(エヌグはこのパターン)、といったあたりが通常なのですが、ダカールはヨハネスバーグとエヌグの両都市を留学地/キャンプ地に追加することが条件という特殊な地域。
日の浦石油と契約を結ぶとそのうちの一つのエヌグがキャンプ地に追加されます。



ブロトピ:今日のゲーム情報ブロトピ:ブログ更新しました♪にほんブログ村テーマ サッカーゲームへサッカーゲームにほんブログ村テーマ サカつくへサカつく

この記事へのコメント