留学先

留学方針
留学.png
   ※攻撃力アップを図る時はシュート↓のポルトよりも
   プレスタなし、上記にないポジションとプレスタの組み合わせの選手は適宜適切に
   縛りなしでプレイするときも同様でいいかも




 おおよその育成方針です。
中盤1は遠征先としてリストアップされやすく追加しやすい留学先。最終の留学先が見つかる前までのつなぎとして。
中盤2は中盤1より効果は高そうだけどスポンサーや選手などやや運の要素が絡んでくるので、最終留学先が追加される前に追加できたときに。


 選手の契約期間の問題で予定の年数留学に送れないときは年俸+100万円で必要な年数追加。
 2年間留学に出そうとしている選手の残り契約期間が(1/2)の時に1年契約期間延長して(1/3)とするのはあり。ただし、2年間留学に出そうとしている選手の残り契約期間が(1/2)の時に2年契約期間をして(1/4)とするのは年俸抑制裏技(※)と同じ効果があるので禁止とする。




※新人を獲得(1/1)→その年に面会して年棒変更で100万円追加&契約期間2年延長(1/3)→翌年(2/3)となるが、また年棒変更100万円追加&契約期間1年追加(1/3)→以降一年たったら再び年棒100万円追加&1年追加をくりかえす。
という裏技を使うと選手の年俸上昇をかなり抑制できる。
 ただしこの裏技を使うと資金繰りがとても容易になるため、経営シミュレーションゲームとしての難易度が急激に低くなるため子の縛りプレーでは使用しない。
 逆に短期でガガッと最強チームを目指す遊び方をするときには非常にオススメの技。


ブロトピ:今日のゲーム情報ブロトピ:ブログ更新しました♪にほんブログ村テーマ サッカーゲームへサッカーゲームにほんブログ村テーマ サカつくへサカつく

この記事へのコメント