4年目

1月
 スポンサーにDF育成の有力な留学先「ザグレブ」が追加されるホテルシンパティコがリストアップ!
 契約条件に外国籍選手の獲得がありますが、J2優勝賞金でアジアあたりの安い即戦力を獲得しましょう。


契約更改
・総額 5億4,400万円
・更改せず 久里田 大吉

年間計画
・年間広告費 2億7,000万円
・チケット代 2,500万円
・年間シート 1,500席

キャプテン指名
・友田 和雄

キャンプor海外遠征
・信州アルプスビレッジ フィジカル×2

優先新人&新人
・SMF 永山 邦夫
・SMF 菊端 吾郎
・SMF 岡本 武次
・OMF 米田 英樹


 SMF久里田は前年度J2アシスト王ですが契約を更新しませんでした。獲得した優先新人を見ていただければわかるとおり今年はJリーグOB、架空OBのSMFが多く採れたため、世代交代を意識してです。久里田君今までありがとう!その結果、サポーターの怒りを買ってしまいましたが…昨年のアシスト王ですから当然ですよね。
MF04_01.png


 ただ8000万円ほど契約金が浮きました。そろそろスタジアムの改築も視野にお金をためていきましょう。スタジアムの改築を視野に入れて今年は広告費を多めにして「完成でスタジアムが揺れるほど~」のコメントにしました。改築後の試合でスタジアムがガラガラじゃさみしいですからね。
今年度の戦力はこんな感じです。
MF04_00.png


 新戦力の永山は右サイドバックのポジション適正がある上にウイングバックのプレスタもちです。彼には手薄なサイドバックとして活躍してもらいましょう!
MF04_02.png


3月
 ついに初挑戦のJ1開幕です!初戦の相手は京都。J2初年度で痛い目にあった相手ですが今度は1-1のドロー。負けなかっただけでもよしとしましょう。
 続く第2節ではセレッソ大阪相手にJ1初勝利!結局J1初挑戦の1か月目では1勝2分け2敗と負け越してはいるものの、最下位ではありませんでした。残留も夢ではありません。
 結城が2回目の爆発!ついにスタメンになりました。
 
5月
 王塚が自由契約を希望するも年俸アップで何とかなだめました。
 そしてついに資金がたまったので待ちに待ったスタジアムの改築です!これで20,000人規模のスタジアムになります。収益も上がるといいなぁ。王塚がごねたせいで少し遅れたぜ!
 地域振興企画の「ファミリーJOYデー」実施。
 Jリーグカップは2回戦敗退でした。
 また、ホテルシンパティコとの契約条件を守る&選手層の薄いOMFを補強するためサイシンワを獲得。8月の合流となるようです。キャンプには連れていけないのか…
 これ以上の海外選手を獲得する予定も資金もありませんので今後は海外スカウトの方には国内探索をしてもらいましょう。
 GKの内田が能力爆発!

6月
 地域振興企画の「新人研修」実施。
 初挑戦のJ1ファーストステージの結果は
11位 4勝 5分 6敗
となりました。降格圏内の15位ベルディ16位セレッソとの勝点差はそれぞれ7点と10点。油断できませんね…

7月
 キャンプor海外遠征
・阿蘇マウントヴィラ フィジカル×2
 島田の能力が爆発。今年は良く能力爆発が起こりますね!
 なぜか一瞬怪我の森崎に代わって出場してた前田にファンレターが届く。1、2試合くらい出ただけなんですがねぇ?
 キャンプ最終日、J1所属クラブであるアマリージョがなぜか養和大学の学生に敗れる(笑)。降格のフラグ…とかやめてくれよ?
MF04_03.png


 森崎がウイングのプレスタを覚える!が、サイドで使っているわけでありませんのでそのままセントラルMFにしておきましょう。(それでも十分おかしなプレスタですが…)

8月
 OMFサイシンワ選手が入団。MFのポジションはすべてカバーしております。FWかDFのポジ適などが追加されたらうれしいですね。
MF04_04.png


 大森の能力爆発です!主力に爆発イベントがあると嬉しいですね。夏季キャンプで大学生に負けてしまった嫌な流れを変えてくれ~!

9月
 和田の能力爆発。今年5人目!8月は勝ち越しましたし残留できそうな気がしてきました。

10月
 オリエンタルカップへの招待状が届きました。海外カップ初参戦です。そしてオリエンタルカップ第3節に有野フーズさんがスポットスポンサーになってくれました。スタジアム改築貧乏だったのでありがたや~。

11月
 ユースの倉田光洋が能力爆発です。6人目!


 J1セカンドステージ最終成績
・11位 5勝 3分 7敗
 個人ランキング
・得点ランキング
6位 森崎 聡 12
・アシストランキング
5位 森崎 聡 8
5位 サイシンワ 8


選手全体ではこんな感じです。
MF04_07.png


 J2得点王の森崎は得点王は取れませんでしたがJ1でも堂々のランキング入り。サイシンワも途中加入にもかかわらずアシストランキングにランクインしました。
 また、ユース3年目の稲田国雄をトップ昇格させました。主力の奥田が円熟期を迎えたため今後の世代交代を睨んでです。
 オリエンタルカップは3勝2敗で準優勝でした。初の海外カップ戦としては上出来ではないでしょうか?


12月
 ニューイヤーカップ 1回戦敗退。


ブロトピ:今日のゲーム情報ブロトピ:ブログ更新しました♪にほんブログ村テーマ サッカーゲームへサッカーゲームにほんブログ村テーマ サカつくへサカつく

この記事へのコメント