設立

 最初に秘書を採用します。何人かの候補の中から中野絵理さんを選びました。名前に中が付いているからです。このチームはMF(「中」盤)の選手のみでチームを編成することをコンセプトにしておりますからね~。
 このあともチームの設立はこんな感じでこじつけてやっていきやすよ~(笑)

 ということで代表には「中原中也」先生に就任していただきます。当然「中×2」だからです!はっきり言って詩人であることを知っているだけでよく知りません。
MF01_02.png
 代表、就任にあたって何か一言お願いします!
 中原代表「汚れっちまった悲しみに…。」
 …なんだか暗そうな代表ですね…。
 まぁ私あまりキャラにしゃべらせる感じの文章の作り方は苦手ですから、もう出番ないと思うのでまぁいいか。
 中原代表「マジか…。」

 チームのホームタウンには日本のへそを主張している都市を選びましょう。ということで日本のへそを主張している都市はいくつかありましたが(https://usefultopic.com/archives/598.html)、「日本のへそ」であることの主張に熱心で、坂上田村麻呂さんによって日本の中心を定める「臍石」(へそいし)が置かれたという群馬県渋川市としましょう!
MF01_03.png


 で、チーム名は黄色という意味の「アマリージョ」にしました。ゲームでのMFのポジションカラーは黄色ですからね~。
MF01_04.png


 ユニフォーム等は面倒なのでデフォルトとしました。

 これでチームが設立です!うまい感じで(?)MF縛りクラブチームっぽいこじつけができたのではないでしょうか?

 チームの設立ができたので、ここからチーム戦力の編成です!
 まずはチームの方向性を大きく左右する監督の選択です。MFの多いシステムの監督のほうが初期メンバーにMF選手を多く連れてきてくれるのではないかと予想し監督の候補を絞っていきますと…
 袖山監督(4-5-2DV)とピエルルイジ監督(4-5-1TV)が一番MFの多い、MF5人のシステムを得意にしております。
 ここは総額が安い&トリプルボランチでCDFの代用になるDMFをたくさん連れてきそうなピエルルイジ監督を選びました。

 するとライバルチームの発足が報告されてきました。チーム名はオイリス安中。なんとライバルチームの名前に「中」が!君らまで中にこだわらなくていいのに…(笑)

 次にスカウトの採用です。序盤は新人戦力による補強が一番お金を節約できそうなのでMF&新人得意な田里義仁と成本逸郎、そしてMFそこそこの海外スカウト、エクアドルのコルンゾを選びました。南米の新人検索で有力元助っ人Jリーガーが出てくるかもしれません。(※縛りルールにより、実在現役Jリーガー以外の補正のかからない選手は元JリーガーでもOKとしてあります。)

 スカウトを選ぶと交渉可能な外国人補強選手をリストアップしてくれました。当然MFから選ぶとして、監督が得意とするシステムにはトリプルボランチが採用されていますし、CDFはDMFの選手から選ばなければならなくなると思いますので、CDFのポジションが青色になっているウシア選手と契約をします。
MF01_05.png
 この時点でMFの選手は10人になりました。これでフィールドプレイヤーを全員MF選手で埋めることが可能になりました!ある程度補強しないと怪我が怖いですが…


 これでチームの編成が完了です。早速MFだけでどれだけ六角形グラフを大きくすることができるかの検証をスタートです!



ブロトピ:今日のゲーム情報ブロトピ:ブログ更新しました♪にほんブログ村テーマ サッカーゲームへサッカーゲームにほんブログ村テーマ サカつくへサカつく

この記事へのコメント